SNS普及時代に必要な逆SEO対策

企業の宣伝や紹介としてホームページの重要性はますます高まっています。始めて耳にする会社のことや、これから取引を考えている会社について、まず最初に調べるのはホームページだと言っても過言ではありません。情報収集の手段としてホームページの検索はとても重要な位置を占めています。これまでは、検索エンジン等での検索順位を上げるSEO対策を講じている企業も多いと思います。当然、検索で上位に上がれば上がるほど目立つことになり、会社を知ってもらうには適しています。しかし、それが企業にとって良くない情報であった場合、逆になるべく検索でもヒットし無い方がよいでしょう。これを逆SEO対策といいます。SNSなどの普及により、企業の悪い評判も瞬くまに広まる世の中になっています。自社にとって良い情報を公開する意味でも、逆SEO対策が必要な時代なのかもしれません。

逆SEO対策の意味とその理由

逆SEO対策という言葉があります。通常のSEO対策がネットにおける検索順位を上げることなのに対して、この逆SEO対策というのはその言葉の通り、検索順位を下げることに当たります。例えば自分のサイトが検索順位で2位にいるとすると、1位のサイトの順位を下げる行動のことです。もともとは、風評被害を受けた企業や個人が、その悪評を発信しているブログやサイトを検索圏外にするための方法として、有名になりました。ターゲットのブログやサイトに対して、検索エンジンからペナルティを受けるようなリンクを送ることで、順位を下げたり、サイトにウィルスに感染させたりしてターゲットとなるサイトの評価を落とし、順位を下げます。このような手法があることを知っていれば逆SEOからの被害を最小限に抑えることが出来るので知識として頭に入れておくといいと思います

不本意な誹謗には逆SEO対策の専門事業者で解決

企業がインターネットで活動している場合は、如何に自社サイトを検索エンジンの検索結果に反映させるかが重要であり、その対策に人材も経費も注いでいることが一般的です。これがいわゆるSEO対策であります。しかし現在はこれとは逆の効果を持つ、逆SEO対策という技術もあります。一見矛盾しているようですが、これも企業にとって、とても重要な存在となるケースがあります。それは、インターネットで他のサイトから誹謗などの標的として晒された時です。誹謗を受けた企業としては、そうした誹謗サイトを検索結果の上位から押し下げ、一般的な目線から遠ざける対応が望ましいと言えます。不本意にもその様な誹謗サイトの標的とされてしまった場合には、迅速に逆SEO対策のサービスを提供する専門事業者に対策を依頼し、リスクが広がる前に、事態を正常化することが極めて重要です。

WEBに氾濫する誹謗中傷や個人情報の漏えいなどのリスクの対策を行います。 風評監視サービスで、いつでも風評被害に対抗できる状態を持ちましょう。 問題解決のためのアドバイス、コンサルティングを行うシエンプレ。 ブログ、掲示板での誹謗中傷からお客様のサイトのブランディングを守ります。 確かな実績でお客様のご要望にお応えしていきます。 逆SEO対策ご希望ならこちら

逆SEO対策講座 is proudly powered by WordPress
Entries (RSS) and Comments (RSS).
Theme by Spanish Translation US.