逆SEO対策とはどういうときにするものなのか

ブログやHP等をネット上に公開する際、検索エンジン等でできるだけ上位に表示されるように対処することをSEO対策といいますが、逆に人に見てほしくないサイトやページを下位に下げるようにすることを逆SEO対策といいます。具体的な例をあげると、企業等でいわれもない誹謗中傷を受けたり、風評被害による深刻なダメージ等を受けてしまう場合があります。そういった誹謗中傷が内容に含まれるサイトを削除することがとても効果的な対応になります。本来この種の業務妨害等の内容は法律違反にもなってくるので運営側が削除するべき内容になってきます。しかし、現実ではすぐには対応してもらえないですし、削除依頼を出すとその内容が公開され、かえって炎上してしまうようなケースもあります。ですから、逆SEO対策はとても重要になってきます。個人でも対応しようと思えばできなくもないのですが、確実で早いのは専門の会社に依頼することです。各社独自のノウハウを基にしてしっかりと対応してくれます。できれば、何もない順調なときにこそ、万が一の時にサポートしてくれる会社を見つけておくことがおすすめです。

風評被害に遭ったら逆SEO対策

どんなことで突拍子もなく風評被害にあってしまうかわかりません。突然、会社名やサイト名を検索したら悪い内容の風評が検索結果上位に表示されてしまうことがあります。そうなった場合、早目に対策をしないと風評被害が大きくなってしまいます。多くの人がその記事の内容を読む前に、逆SEO対策をして記事が上位表示されてしまうのを防ぐ必要があります。風評被害は会社の売り上げを下げてしまう事に繋がり、会社の業績が低下してしまいます。一度低下してしまうと、元の位置まで戻すのは大変です。そうなる前に早目の段階で逆SEO対策を行うようにしてください。SEO対策を請け負っている企業ならほとんどのところで逆SEO対策をしてもらうことができます。対策を始めてから数日で結果が現れてきます。誹謗中傷されている記事なども下位にもっていくことができます。

有効な逆SEO対策の活用法

基本的には、逆SEO対策をする場合というのは、ターゲットサイトの検索順位を下げる手法ですので、なかには悪質な方法も存在します。ここではそういった行為を推奨いたしませんので、正攻法のみに的を絞っていきたいと思います。方法の一つとして、みずからWEBサイトを作成し、それらを検索結果の上位に表示させることで、相対的にターゲットサイトの検索順位を押し下げるという方法があります。通常、急激に相手の検索のランキングを大幅低下させることはできませんので、地道な更新活動が必要です。成功のために、内容が充実しているWEBサイトを多数、作ることがポイントとなるでしょうか。もしくは、自分のサイトを相対的に順位上昇させたいわけではないのなら、順位を下げたいターゲットサイト以外のサイトに良質なリンクを送ることで、ランキングを上げる手助けをするのも一つの手法です。専門に対策を行える機関に相談するのも一つの手ではありますが、そこがどのような手法をとるのかをしっかりと見極めてからにしたほうがよいと思われます。

逆SEO対策講座 is proudly powered by WordPress
Entries (RSS) and Comments (RSS).
Theme by Spanish Translation US.