逆SEO対策とはなにかの説明とメリット

逆SEO対策という言葉を聞いた事がない方も、SEO対策という言葉は聞いた事があるかもしれません。逆という文字がついているくらいですから、意味はSEO対策の逆と認識してもらえれば構いません。標的としたURLの検索順位を上げて上位や1位表示を達成するのがSEO対策の目的だとすれば、標的としたURLの検索順位を検索圏外まで落として下位表示にするのが逆SEO対策の目的だと言えます。一見、明確な理由が分からないと感じる方もいるかもしれませんが、この対策は、特定の個人や、企業に対して、ある人物・団体による悪意ある誹謗中傷などを掲載している有害サイトを、検索エンジンから除外したいという需要から生まれたもので、上記のような不利益に悩んでいる個人や企業にとっては非常に有益であると言えます。ネットでの情報が高速で伝達する中で、不利益で不当な情報を拡散させないためにも、多くの需要があると言えます。

検索順位を下げたいから逆SEO対策をしてほしい

ブログを運営していますが、人に公開する目的は無くて、自分専用のメモの為に毎日更新をしています。ですが、最近検索するとすぐに検索で見つかるようになってしまいました。観覧数が増えてくると、もしかして何か言われるんじゃないかと不安になってしまいます。ですので逆SEO対策を行い、検索結果の順位を下げてほしいのです。検索してもすぐに出てこなければ、のんびりと自分しか見ないブログを更新することができます。たいした内容ではありませんが、人にコメントされると緊張したりするので、嫌なんです。非公開にする方法もありますが、数少ない友人もたまに見ますので、公開しておきたいのです。だから逆SEO対策を行い、このままブログを公開して運営していきたいのです。SEO対策や逆SEO対策は素人が簡単にできるとは思えません。ちゃんとプロにやってもらった方がいいでしょう。

逆SEO対策について

逆SEO対策というのは、誹謗中傷や風評サイトを相対的に検索ページの順位をあえて下げてしまうことで、そういったサイトを目立たなくしてしまう方法のことを言います。もし仮に企業のブランドやイメージを傷つけるようなサイトが検索ページの上位表示されている際には、企業側としてはそのまま放置をしておくわけにはいかないと思います。そこで、通常はサイト運営者に削除申請をして、削除をお願いしてもらうのが一般的な方法かと思います。しかしながら、現実的には削除ができないものも存在しますので、そのような場合に必要になってくるのが、逆SEO対策なのです。この対策を施せば、企業にとって有益な情報が掲載されているサイトばかりを検索ページの上位に表示させることができるため、企業のブランドや良いイメージを高めることができるのです。

逆SEO対策講座 is proudly powered by WordPress
Entries (RSS) and Comments (RSS).
Theme by Spanish Translation US.