逆SEO対策の重要性

ネットの普及率が格段に上がっている最近では、誰もが何かを調べる時にネットを利用して調べ物をします。その時、単語を入力して検索をしますが、一つの単語だけではヒット数が数千から数万件ヒットすることもザラです。その中から利用者が見るのはだいたい最初の2〜3ページに出てくるリンクでしょう。その最初の数ページに自身のサイトを出さなければ、サイトへの訪問者数は少なくなり、それが企業のホームページであれば大打撃です。そのため、自身のサイトを検索ワード上位に持ってくるために必要な措置がSEO対策であり、逆に自サイトへの誹謗中傷サイトなどのヒットランクを下げる措置が逆SEO対策です。これはどちらも企業にとっては重要な対策であり、特に逆SEO対策を怠ってしまうと企業イメージが大幅に下がってしまいます。なんの対策もしていない企業にとっては急を要する対策だと思います。

風評対策には逆SEO対策は効果的

インターネットは情報を検索する際にはかなり便利なツールではありますが、時としてそれが脅威になることもあります。その脅威というのは、情報の拡散であります。インターネット上には有益な情報もあれば、不利益な情報もありますので、どちらもものすごいスピードで世の中に多くの方に知れ渡ってしまいます。例えば個人や団体を誹謗や中傷するような記事や口コミが、もし仮に一つあっただけでも、その記事を多くの人が閲覧してしまうことになるため、その影響は計り知れないのです。特に企業にとって、口コミや評判などによって商品の売れ行きがだいたい6割ほど決まると言われていますので、もし悪意のある人物が悪く口コミや評判を口コミサイトに書き込みした場合には、売上に多く響いてきます。ですから、そういった悪意のある人物が悪く口コミや評判の書き込みがあるサイトを意図的に検索ベージの上位に表示させないようにすることが効果的なのです。だから、逆SEO対策が効果的なのです。

逆SEO対策について語る

企業や個人が作成しているサイトには有益な情報を発信しているものが数多くありますので、閲覧者としてはとても有益な情報を得られるので、重宝できるものとなっています。しかし、インターネット上にはそのような有益な情報を発信しているサイトのことを悪く言う方も残念ながらいるのも事実です。そうした悪意をもって口コミサイトや評判サイトに悪い書き込みをする連中がいた場合には、それをたまたま閲覧者が見たらその企業や個人サイトについて悪い印象を持たれる可能性が高いのです。ですから、企業や個人サイトの作成者は、そういった悪影響のある書き込みがされたサイトの検索ページの順位を下げてしまう方法を使っています。これは、逆SEO対策と呼ばれている方法です。統計的に、閲覧者はキーワード検索した時に最初のページしか見ない方が多く、2ページ目まで見る方は極端に少ないことが分かっています。ですから、逆SEO対策することで意図的に悪影響のある書き込みがされたサイトの検索ページの順位を下げてしまうことは、効果的だと言えます。

逆SEO対策講座 is proudly powered by WordPress
Entries (RSS) and Comments (RSS).
Theme by Spanish Translation US.