逆SEO対策は予防から、被害にあったら即対処を。

逆SEOという、検索順位を下げる嫌がらせみたいなことがネットで発生しています。もともとSEOというの、はネット検索の順位を上げる対策です。情報は、人に見せてこそ効果は発揮するものです。しかし誹謗中傷するなど、いかにホームページの情報を見せないようにするかという、悪いことを考えていることも中にはいます。犯罪性のあるサイトは別にしても、誹謗されているサイトこそ本当に重要なことが書かれていることもあります。そうでなくても、検索サイトの順位を下げられるというのは気分がいいものではありません。もしそういったことがおきたらどうすればいいか考える必要があります。逆SEO対策としては、いかに文章をうまく書き、批判を避けるかが第一に考えられます。被害を受けることを避けるという点では、予防策と言えます。もし被害にあってしまったら、対象の記事や書き込みを削除要請をするべきです。風評被害を防ぐためにはまず予防から、万一の時は対象のサイトに早期に要請しましょう。これも、大事にならないようにするためです。

逆SEO対策をする理由

我々の生活の中でインターネットは、もはや欠かせないツールとなっています。かつてはパソコンからインターネットをしていたのが、現代ではスマートフォンやタブレットなどからもインターネットができる時代になっていますので、インターネットがとても身近な存在となっています。インターネットは調べたいことをすぐに検索して調べることができるので、私も重宝しています。ですが、その一方で、サイトを運営している方からすれば、自分が情報を発信しているサイトの評価がとても気になると思います。好評価が得られれば、当然アクセス数が増えていきます。しかし、悪評ある書き込みがあると、それを閲覧した方はそれを鵜呑みにしてしまって、もうそのサイトにはアクセスしないといった気持ちにさせてしまうので、アクセス数が途端に落ちて行きます。ですから、サイト運営者は悪評ある書き込みには、かなり敏感になっています。そこで、逆SEO対策を施して悪評ある書き込みがあるサイトを検索ページの下位に意図的に追いやってしまう方法を取っています。そうすれば、悪評が目立たなくなるので、アクセス数に影響が少なくなるからです。

逆SEO対策ってなんだろう

皆さんは「逆SEO対策」という言葉を聞いたことはありますか?よくSEOという単語は耳にしても、逆ってなんだろう?と思う方も多いかもしれませんね。通常、企業は自分の会社や商品、サービスを宣伝するために、自社サイトの検索結果を上位に上げようと対策をうちます。ですが、時として「これは上位に掲載して欲しくない」「このサイトは人の目に触れさせたくない」と思う場合もあります。例えば自社に対しての誹謗中傷、もしくは根も葉もない風評被害など。インターネットの世界では、顔が見えない分ネガティブキャンペーンが拡大しがちです。人の噂も75日、といえど、ネットの書き込みは残ってしまい、何年も経過した後でひょっこり出てきたりもするのです。そんな困った書き込みを少しでも人の目に触れさせないようにする為のものが、逆SEO対策なのです。

逆SEO対策講座 is proudly powered by WordPress
Entries (RSS) and Comments (RSS).
Theme by Spanish Translation US.